關於部落格
木頭裡帶著大地與陽光的氣味,每一件都有不同的表情…
  • 44056

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    11

    追蹤人氣

翻訳の練習

眠気は自然のリズム 睡意是自然的週期 午後に眠くなるのは、人間の体内時計によるもので、ごく自然なことだといわれます。眠気のピークは1日に2回あり、大きなピークが午前2~4時で、もう一つの小さなピークが午後2~4時。午前の方はともかく、むずかしいのは活動時間帯の中にある午後のピークです。眠気に対抗して頑張って起きているのか、それとも眠気に身をゆだねて眠るのか…眠気とどう付き合うかが問題になってきます。 下午的睡意是來自生理時鐘的需要,這是非常自然的事情。睡意的高峰1天會有2次,大的高峰在上午2~4點;另一個小的高峰則在下午2~4點。姑且不論上午的高峰,比較困難的是在活動時間帶中,下午的這個小高峰。究竟是要努力振作精神和睡意對抗?還是順應身體的需要小睡一會兒呢?如何處理睡意,這就是個問題了。   眠気に対抗する方法のひとつが、「おやつの時間」。昔の時刻で午後2時~4時の2時間を「八時(やつどき)」と呼び、この時間帯にとる眠気覚ましの休憩や茶菓子を「おやつ」と呼んだのです。ティータイムやコーヒーブレイクも、同じような意味合いを持つものでしょう。 「點心的時間」是與睡意對抗方法之一。從前下午2點~4點的這兩2個小時被稱之為「八時(點心時間)」(古代的時辰:下午1點~3點的未時,是一天當中的第8個時辰,又「八時」與「點心時間」發音相同)到了這個時間帶,為了擊退睡意,會稍作休息或食用茶點,被稱為「御八」。現代的下午茶或咖啡時光也帶著相同的意涵吧。 一方、眠気に身をゆだねる代表的なものが、スペインなどの「シェスタ」。昼食後に長い休憩をとって、昼寝や休息をする習慣です。日本でも、お昼時の建設現場などで、昼食をすませた職人さんたちが昼寝をしているのを見かけますが、軽い昼寝が事故を未然に防ぎ、その後の仕事の効率を上げることをよく知っているからでしょう。 另一方面,順應身體需要的代表,還有西班牙等國家的「Siesta」,意思是午餐後時間較長的休憩,午睡或休息的習慣。我們知道在日本,也能發現在中午時段的建築工地等場所,用過午餐的工匠們會稍作午睡;小睡片刻是為了防範意外事故的發生,也能提高之後的工作效率。 昼寝の効用 午睡的效用 とはいえ、事務系の職場では、仕事中に昼寝などしたら「やる気」を疑われるのが落ち。そんなことは、まずできないのが、普通の職場の雰囲気でしょう。ところが最近、昼寝の効用に着目し、就業中の昼寝を認める企業も増えているのだとか。先日の朝日新聞紙上では、1日1回15分間、眠ければ眠ってよいという昼寝制度を採り入れている会社や、会議室に昼寝用のソファ30台を置き、従業員に昼休みに開放している会社などが紹介されていました。また、約50社が入居する大阪の複合ビルの厚生施設には、昼寝用のベッドやテントが置いてあるとか。いずれも、短い昼寝が作業効率を上げるという考えによるもので、厚生労働省が公表した新しい睡眠指針にも「午後の早い時間帯に30分以内の短い昼寝をすることが作業能率の改善に効果的」と明記されているようです。 然而,在辦公室類的職場,若是午睡的話,就會被質疑是不是會降低「幹勁」。能不能這麼做,首先是關乎到工作單位的氣氛吧。但是最近著眼於午睡帶來的功效,認同在上班時間午睡的企業有增加的趨勢。日前在朝日新聞的報紙上曾介紹了一家公司,該公司在辦公室或會議室裡放置了30張午睡用的沙發,午休時間對從業人員開放,1天1次每次15分鐘,如果覺得睏的話就可以睡一下。此外,位於大阪,約有50家公司進駐的某複合大樓的福利設備,放置了午睡用的床和帳棚。不論哪一種,都顯示了短暫的午睡可以提升工作效率的主張;厚生勞動省公佈的新睡眠方針也清楚記載了「午後稍早的時間帶上,午睡30分鐘以內,能顯著改善工作效率」。   パワーナップ 力量小睡 短時間睡眠の研究が進んでいるアメリカでは、「パワーナップ(power-nap)と呼ばれる仮眠が評価されています。コーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースが提唱する睡眠法で、15~30分程度の短い仮眠をとると、その後の作業効率が上がるというもの。NASAでも30分のパワーナップが認知能力を40%増加すると発表しているようですし、アメリカ海兵隊ではパトロール前に必ず「パワーナップ」を取ることを義務付けているといいます。また、ニューヨークにはパワーナップのための設備(半遮蔽カプセル型安楽椅子)を整えたビルや、それを使い放題できる会員権まであるとか。効率を求める国アメリカで、一見ムダとも思える昼寝の効用が、広く認められつつあるようです。 正在進行短時間睡眠研究的美國,對於被稱為「力量小睡(power-nap)」的淺眠,賦予正面評價。康乃爾大學社會心理學家詹姆士‧馬爾斯提倡的睡眠法中指出,15~30分鐘左右的短暫淺眠,可提升之後的工作效率。NASA也發表了30分鐘力量小睡,可增加40%的認知能力;據說美國海軍陸戰隊在偵察之前,也有必須採取「力量小睡」的義務。再者,在紐約有些大樓為「力量小睡」設有專門設備(半遮蔽膠囊型安樂椅),提供會員任意使用。講求效率的美國尚且如此,乍看浪費時間的午睡的效用,似乎漸漸被人們所認同了。 目覚めのコーヒーは昼寝の前に 提神的咖啡要在睡前喝 昼寝の効果を得るためには、ルールがあるといわれます。眠りの研究家が推奨するそれは、睡眠時間を20分程度にとどめること。仮眠後すぐに元気に活動するためにはすっきりと目覚めることが大切で、長い仮眠をとってしまうと、深いノンレム睡眠に入ったところから目覚めなければならないので、すっきりするどころか逆効果になってしまうからです。 要獲得午睡的效果是有規則的。睡眠專家建議,睡眠時間在20分鐘左右就好。為了在淺眠後能馬上有精神地活動,清爽地醒來是很重要的,過長的淺眠,會在才剛進入「非快速動眼睡眠」時就醒來,非但不能神清氣爽還會造成反效果。   昼寝を短時間で切り上げるために効果的なものが、コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物。それも、目覚めてから飲むのではなく、「寝る前に」飲むこと。カフェインは、摂取してから効果が出るまでの時間が30分といわれていますので、昼寝の前にコーヒーや紅茶を飲んでおけば、起きなければいけないタイミングでカフェインが効いて、すっきり目覚められるというわけです。 說到能讓午睡在短時間內就被有效截止的東西,就屬咖啡或紅茶等含有咖啡因的飲料了。但也不是在醒來之後才喝,而是在「睡前」就喝;咖啡因從攝取到發揮效果要經過30分鐘,因此,睡前先飲用咖啡或紅茶,在必須起床的時候咖啡因就能剛好發揮作用,達到精神抖擻的效果。 ランチタイムがベストタイム 午餐時光是最佳時光 短い昼寝がその後の仕事の効率を上げるとわかってはいても、日本では、まだまだ就業時間中の職場で堂々と昼寝できるほどの環境は整っていません。でも、昼休み時間の前半で昼食をとり、後半に20分程度の仮眠をとるという方法なら、自分の工夫次第でできそうです。椅子にもたれたり、デスクに突っ伏したりして、仮眠する。たとえ眠れなくても、目を閉じるだけでもリフレッシュできるといいます。体のリズムに沿った休息が、午後の活力を生み出してくれるでしょう。 雖然說短時間的午睡,可以提升下午的工作效率,但是在日本,還沒有設置像樣的環境,讓上班時間的辦公室就能好好地午睡。但是,午休時間的前半用餐,後半約20分鐘左右的時間拿來小睡的話,似乎靠可以自己下點工夫來達成。靠在椅子上或是趴在桌上小睡。就算沒有真的睡著,僅是閉目養神,也可以恢復精神。依循身體週期好好休息,下午就能拿出活力吧。 疲れを溜めないことが、いい仕事につながる━そんな気持ちで、周りの人の昼寝をおおらかに容認できるような職場が増えていけば、社会全体の働き方も少しずつ変わってくるのかもしれません。 好的工作效率與不累積疲勞息息相關───若是抱持的這樣的想法,能豁達地接受周圍的人午睡的工作單位能增加,或許整體社會的勞動方式就會稍微有些改變。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態